2019.1.10 05:01

巨人・宮本コーチ、D1高橋の2段モーションに「意識が高い」

巨人・宮本コーチ、D1高橋の2段モーションに「意識が高い」

特集:
2018ドラフト情報
キャッチボールする巨人D1位・高橋=ジャイアンツ球場(撮影・今野顕)

キャッチボールする巨人D1位・高橋=ジャイアンツ球場(撮影・今野顕)【拡大】

 巨人の新人合同自主トレーニングが9日、川崎市のジャイアンツ球場で始まり、体調不良の2選手を除く8選手が参加した。視察した原辰徳監督(60)は、練習前に約3分間の訓示を行い「野球博士」になることをルーキーに求めた。ドラフト1位・高橋優貴投手(21)=八戸学院大=は早速、呼応。2段モーションなどの“頭脳プレー”に取り組む考えを示した。

 高橋のキャッチボールを見守った宮本投手総合コーチは「2段モーション」について「意識が高い。いかに投手は軸足が大事かというのを理解しているよね。キャッチボールをしているだけでも、立派な野球勘を持っているなと感じました」と高く評価した。ブルペン入りについては「入っても第3クールくらいかな。じらし戦法ですよ」と投球への“飢餓感”を高める狙いを明かした。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・宮本コーチ、D1高橋の2段モーションに「意識が高い」