2019.1.9 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】打ちたいヤツはとことん打てばいい

【矢野監督 必死のパッチトーク】

打ちたいヤツはとことん打てばいい

スタッフ会議に向かう矢野監督。彼を知り己を知ればレギュラーあり!(撮影・松永渉平)

スタッフ会議に向かう矢野監督。彼を知り己を知ればレギュラーあり!(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神は8日、西宮市内のホテルで合同スタッフ会議を開催し、2月1日から始まる春季キャンプ(1軍宜野座、2軍安芸)の休日など、スケジュールを発表した。

 (スタッフ会議後)

 --議題多かった?

 矢野監督「期待通りいかんな。ないな。何かあるの? そんな、ないやろ。話すというか、報告とかそういうことが多かったから。あんまり話すことないな」

 --練習量自体は?

 「それは決めてない。打ちたいヤツはとことん打てばいい。自信あるヤツは早く帰ってもいいし。ある程度の全体的な量とか、時間は決まってるけど」

 --幅を持たせる

 「全体メニューの前後っていうのはね。全体練習が終わってからの特打とか、その前の特守とか。そこは幅を持たせて。例えば『早く行って打ちたいのに、特打入ってないから、普通に出発しよう』っていうよりは。やりたいんやったら行って打てばいい。朝しっかりやって、全体メニューもやり切って、やり切ったと思うなら、帰っていいと思うのよ。でも心の部分で。やらんよりやった方がいいと思う」

 (続けて)

 「でも、やめる勇気も難しい。周り見ながら、日本人的な感じで。あの人やってるし帰られへんし…とか。俺、帰ってエエんかな…とか。そこで早く帰ろうと思うなら、そこまでちゃんとやってなかったら、よう帰らんと思うし。何もせんと帰ったら俺らも使えないし」

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【矢野監督 必死のパッチトーク】打ちたいヤツはとことん打てばいい