2019.1.9 05:02

ロッテD1・藤原、カラダに140万円自己投資!高級ベッドと超音波治療器

ロッテD1・藤原、カラダに140万円自己投資!高級ベッドと超音波治療器

特集:
2018ドラフト情報
藤原は、持ち込んだ電動ベッドの上で横になり、快適さをアピールした (撮影・田村亮介)

藤原は、持ち込んだ電動ベッドの上で横になり、快適さをアピールした (撮影・田村亮介)【拡大】

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=が8日、さいたま市の浦和寮に入寮した。

 持ち込んだこだわりのアイテムは、米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜ゼネラルマネジャー付特別補佐(44)も愛用する高級寝具メーカーのリクライニングベッド(約40万円)と、前田健太(ドジャース)がイメージアスリート契約を結ぶ伊藤超短波社の超音波治療器具(約100万円)。「やっぱり自分の体が商売道具なので、少しでもよくなるようであれば」と、昨秋に自腹で購入したことを明かした。

 部屋は309号室に決まった。かつては首位打者2度の角中が暮らし、隣の310号室には高校日本代表でともにプレーしたドラ1の先輩・安田が住む。140万円の自己投資と充実した環境で、黄金ルーキーがプロ生活をスタートさせる。 (浜浦日向)

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  • 寮に持ち込んだベッドでポーズをとるロッテD1位の藤原=さいたま市
  • 入寮するロッテD1・藤原=ロッテ浦和寮(撮影・田村亮介)
  • 入寮するロッテD1・藤原=ロッテ浦和寮(撮影・田村亮介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテD1・藤原、カラダに140万円自己投資!高級ベッドと超音波治療器