2019.1.9 15:21

堀内恒夫氏、広島移籍の長野の心配事は体「広島は練習量が多い」

堀内恒夫氏、広島移籍の長野の心配事は体「広島は練習量が多い」

堀内恒夫氏 

堀内恒夫氏 【拡大】

 プロ野球・元巨人監督の堀内恒夫氏(70)が自身のブログで、巨人がフリーエージェント(FA)で獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、広島に移籍する長野久義外野手(34)にエールを送った。

 「ただ一つ心配なのは体のこと。去年は背筋痛で4年ぶりに出場選手登録抹消された。広島は練習量が多いからね。ベテランと言えども周りがやればやらざるを得ないだろうし君の性格なら尚更だ」とした上で、「選手層も厚い常にチームを若返りさせる そんなチームに君のようなベテランが必要とされたんだ。意気に感じて頑張ってもらいたい。それができる男だよ。まだまだやれるさ」と期待を寄せた。

 長野は福岡・筑陽学園高から日大、ホンダを経て2010年にドラフト1位で巨人入り。1年目に新人王に輝き、11年に首位打者、12年には最多安打のタイトルを獲得。11年から3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞に選ばれた。昨季は116試合に出場して打率2割9分、13本塁打、52打点で、通算成績は打率2割8分6厘、137本塁打、500打点。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 堀内恒夫氏、広島移籍の長野の心配事は体「広島は練習量が多い」