2019.1.9 05:02

オリ・西村監督、竹安の春季1軍C明言!「期待している、早く見てみたい」

オリ・西村監督、竹安の春季1軍C明言!「期待している、早く見てみたい」

鳴尾浜で阪神・清水ヘッドコーチ(左)と握手する竹安。奥は北條

鳴尾浜で阪神・清水ヘッドコーチ(左)と握手する竹安。奥は北條【拡大】

 オリックス・西村徳文監督(59)が8日、大阪・舞洲の球団施設を訪れ、阪神から人的補償で加入した竹安大知投手(24)の今春1軍キャンプ内定を明かした。阪神にFA移籍した西勇輝投手(28)の代わりとして獲得した元若虎に、先発ローテーション入りを期待した。

 元虎戦士にかかる期待値は高い。首脳陣、フロントの考えがマッチして獲得した存在。西村監督が、人的補償で加入した竹安の今春1軍キャンプ内定を明言した。

 「そこ(1軍組)に入ってくるとは思いますよ。あさって(10日)投手コーチと話してからだけど、それだけ期待している。故障はないので、体が大丈夫ならスタートはそこになる」

 10日のスタッフ会議で話し合うことになるが、指揮官の頭のなかでは1軍組だ。現状、竹安の投球は映像でしかチェックできておらず、1日でも早く生で確認したいという意味合いもあり「ルーキーと一緒で早く見てみたい」と口にした。

 起用法としてはまずは先発。「パ・リーグの1軍の打者と対戦するところを見ていないから」。紅白戦やオープン戦の結果次第では変更になる可能性もあるが、能力としては「そこそこ出来上がっている」と評価。西が阪神、金子が日本ハムに移籍しただけに、前日7日に入団会見を終えた竹安にとっては、先発ローテーション入りへ大きなチャンスとなる。 (西垣戸理大)

  • 鳴尾浜球場をおとずれた阪神・清水ヘッドコーチ(右)。オリックスへ移籍する竹安(左)にはなむけの言葉をかけた=鳴尾浜球場(撮影・林俊志)
  • 竹安と話す阪神・大山=鳴尾浜球場(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・西村監督、竹安の春季1軍C明言!「期待している、早く見てみたい」