2019.1.8 05:02

阪神・今成氏、まさかまさかの爆笑演説「きょうは僕の引退会見にお集まりいただき…」

阪神・今成氏、まさかまさかの爆笑演説「きょうは僕の引退会見にお集まりいただき…」

年賀式を爆笑の渦に巻き込んだ今成氏。さすが虎の盛り上げ役だ

年賀式を爆笑の渦に巻き込んだ今成氏。さすが虎の盛り上げ役だ【拡大】

 阪神の年賀式が7日、西宮市内の球団事務所で行われ、昨季限りで現役を引退し、タイガースアカデミーのコーチに就任する今成亮太氏(31)が新入団職員として紹介された。チームきっての盛り上げ役だった男の登壇で、年始の“かしこまった式”の空気が一変。矢野燿大監督(50)への現役復帰アピールまで飛び出し、見事に球団首脳&職員らの初笑いをさらった。

 1分以上、しゃべり倒した。今成氏が年賀式で新任の事業本部振興部専属コーチ(タイガースアカデミーコーチ)として紹介されてあいさつし、まさかまさかの爆笑演説だ。

 「2019年、振興部に入ることになりました今成亮太です。そしてきょうは僕の引退会見にお集まりいただき、ありがとうございます! 自分の口から発信するのは初めてだったので、あとちょっと10分くらいいただきたいんですけど…」

 あっという間に会場を初笑いに包んだが、これはまだ導入部分…。次はグラブとバットを置いての、新たな野望を語り出した。「今後は子供たちを育てるということで。自分自身も勉強しながら子供たちに野球を教えて、阪神に入ってもらって。そして最終的には、僕以上にファン感謝デーでMVPを獲っていただきたいなと思いまして」。次世代のムードメーカーを育てていくことを固く約束。そして、まだまだ終わらないのが今成氏だった。

 「そしてアカデミーで指導をしながらも、僕自身まだチャンスがあるんじゃないかと思っています。矢野監督にもアピールできるように、そしてまた甲子園の地で野球ができることを期待しながら。僕の『一旦、引退会見』を終わらせていただきたいと思います!」

 昨季2軍で長い時間をともに過ごした矢野監督も、優しいまなざしを向けつつ苦笑い。割れんばかりの拍手を浴びてようやくマイクの前を離れ、今成氏は見事に、もう一度、阪神の一員となった。 (長友孝輔)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・今成氏、まさかまさかの爆笑演説「きょうは僕の引退会見にお集まりいただき…」