2019.1.8 05:01

【矢野監督 必死のパッチトーク】『始まるな』という気持ち

【矢野監督 必死のパッチトーク】

『始まるな』という気持ち

年賀式に出席した(左から)阪神・谷本修球団副社長、阪神・揚塩健治代表、阪神・矢野監督=7日、甲子園新室内練習場(撮影・森本幸一)

年賀式に出席した(左から)阪神・谷本修球団副社長、阪神・揚塩健治代表、阪神・矢野監督=7日、甲子園新室内練習場(撮影・森本幸一)【拡大】

 --どういう正月を

 矢野監督「家族とゆっくりできて、のんびりしていたけどね。こういうの(年賀式)も来ると余計やけど、野球の頭というか。緊張感も多少出てきたりしている感じで『始まるな』という気持ちになってきているけど」

 --陣容も整って、日増しに気持ち新たに

 「でも、俺だけやるぞと言ってもね。みんなに力を貸してもらって、選手みんなをそういう思いに持っていけるのが、いいチームになっていくことだと思う」

 --球団職員の力も重要だと

 「(スローガンも)選手、監督、コーチだけのものにしたくなかったのよ。球団の人たちだって、ファンの人たちが喜んでくれると思うのか。それが結果的にチームのプラスになっていると考えられたら、やりがいというのは全然変わってくると思うからね」

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【矢野監督 必死のパッチトーク】『始まるな』という気持ち