2019.1.8 05:02(1/2ページ)

中日D1・根尾、4000メートル走ブッチギリ1位

中日D1・根尾、4000メートル走ブッチギリ1位

特集:
2018ドラフト情報
2位以下に大差をつけて疾走する根尾

2位以下に大差をつけて疾走する根尾【拡大】

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が7日、ナゴヤ球場で行われた新人合同自主トレ初日の4000メートル走で独走1位でゴール。視察に訪れた与田剛監督(53)は「いいカッコしたいというのはプロとして大事」と、冷静沈着なスーパールーキーの“意外な一面”を絶賛した。

 この男、タダモノではない! 球場内10周(4000メートル)の持久走で“ひとり旅”する根尾の姿に思わず目を細めたのは与田監督だ。

 14分47秒で走り抜けてケロッとしていたスーパールーキーは「長距離は得意じゃない。ずっと同じペースで走りました」と淡々。でも、指揮官とは、とんでもない“温度差”が。

 「これだけのメディアの方が見に来ている。その中で、いいところを見せたい、いいカッコしたい、カッコつけたい、というのはプロとして大事なこと。それを彼は実行していた」

【続きを読む】

  • 中日の新人合同自主トレで、練習前に与田監督(右)と握手する根尾=ナゴヤ球場
  • 中日の新人合同自主トレが始まり、ノックを受ける根尾=ナゴヤ球場
  • 中日の新人合同自主トレが始まり、持久走で走り込む根尾(右)ら=ナゴヤ球場
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日D1・根尾、4000メートル走ブッチギリ1位