2019.1.8 05:00

広島、1億500万円の金銭補償も

広島、1億500万円の金銭補償も

FA選手を獲得した場合の旧球団への補償

FA選手を獲得した場合の旧球団への補償【拡大】

 広島の松田元オーナー(67)は7日、フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償で長野久義外野手(34)を獲得した理由について、実力と人柄を高く評価したと明かした。

 広島の鈴木球団本部長は「彼が一番いい選手という判断をした。数年は輝いてくれるだろうと」と説明した。9年間ほぼフル稼働してきた長野はFA権を保持。その部分には「引っかかるところもあったけど」としながらも「実績もある。経験を若いチームで生かしてほしい」とメリットを強調した。丸の昨季年俸は2億1000万円でAランクのため、補償は長野+丸の年俸の50%にあたる1億500万円になる見込み。背番号については、松田オーナーが「空いている番号を選んでもらおうと思っている。一桁でいうと5(2017年までペーニャ)か9(18年まで丸)じゃないかな」と明かした。

  • 巨人・FA人的補償での移籍
  • 長野久義の年度別打撃成績
  • 今季の広島VS巨人・予想開幕スタメン
  • 長野&丸を比較
  • 巨人・このオフの主な新加入&退団選手
  • 2018年FA宣言選手
  • 広島・FAで移籍した選手
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島、1億500万円の金銭補償も