2019.1.8 05:03(1/2ページ)

オリ・竹安、虎狩り宣言!「悔しい思いをバネに。インコース強気に!」

オリ・竹安、虎狩り宣言!「悔しい思いをバネに。インコース強気に!」

背番号「21」のユニホームでポーズをとる竹安(撮影・岡田茂)

背番号「21」のユニホームでポーズをとる竹安(撮影・岡田茂)【拡大】

 阪神・西勇輝投手(28)のFA移籍に伴う人的補償としてオリックスに加入した竹安大知投手(24)が7日、大阪市内の球団施設で入団会見を行った。西が背負っていた「21番」のユニホームに袖を通した竹安は、虎狩りを宣言。古巣との対決に闘志を燃やした。

 タテジマから猛牛戦士の戦闘服に着替え、身も心もオリックスの一員となった。お世話になった古巣はもはや、倒すべき相手。竹安がメラメラと闘志を燃やした。

 「インコースをどんどん投げて、強気に投げていきたい。(打者は)特に誰かじゃなく、チーム全体。阪神タイガースを抑えたいです」

 阪神への思いを問われ、正々堂々、挑戦状をたたきつけた。今季の阪神戦は、オープン戦は3月22日からの3連戦(京セラ)、交流戦は6月14日からの3連戦(同)が予定されている。2016年にドラフト3位で入団後、3年間過ごしたチーム。愛着もあるが、いまは「オリックスでがんばるぞ、という気持ち」と吹っ切れた。

 “恩返し”の気持ちもある。移籍に関してチームメートや関係者らから様々な言葉をかけられ、矢野監督からは「チャンスだからがんばれ」とエール。「矢野さんも(現役時代)トレードで『悔しい思いをした』と。反骨心じゃないですけど、悔しい思いをバネにしてがんばりたい」。中日からトレード移籍した先の阪神で、2度のリーグ優勝に貢献と輝いた矢野監督のような活躍を誓った。

【続きを読む】

  • 入団会見でユニホーム姿を披露するオリックス・竹安(左)。右はオリックス・長村球団本部長=青濤館(撮影・岡田茂)
  • 入団会見を行うオリックス・竹安=青濤館(撮影・岡田茂)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・竹安、虎狩り宣言!「悔しい思いをバネに。インコース強気に!」