2019.1.7 16:58

西の人的補償でオリックス入団の竹安が入団会見「強気に投げていきたい」

西の人的補償でオリックス入団の竹安が入団会見「強気に投げていきたい」

入団会見を行うオリックス・竹安=青濤館(撮影・岡田茂)

入団会見を行うオリックス・竹安=青濤館(撮影・岡田茂)【拡大】

 国内フリーエージェント(FA)権を行使し、阪神に移籍した西勇輝投手(28)の人的補償でオリックスに加入した竹安大知投手(24)が7日、大阪市内の球団施設で入団会見を行った。

 「まだユニホームを着ていないので実感がないですが、1日も早くチームの戦力になれるよう、がんばっていきたい」

 背番号「21」も披露し、「背番号に恥じないようなプレーができたら」と気合。交流戦などでの古巣・阪神戦については「インコースをどんどん投げて、強気に投げていきたい。(打者は)特にだれかじゃなく、チーム全体。阪神タイガースを抑えたい」と意気込んだ。

 竹安は2016年に熊本ゴールデンラークスからドラフト3位で阪神に入団。故障もあり、1年目の1軍登板はなかったが、17年に1軍初登板を果たし、昨季は2試合に登板。0勝0敗、防御率2・25と数字を残した。将来性もあり、オリックスとしては課題だった先発もできる若手投手を獲得した。

  • 入団会見でユニホーム姿を披露するオリックス・竹安=青濤館(撮影・岡田茂)
  • 入団会見でユニホーム姿を披露するオリックス・竹安(左)。右はオリックス・長村球団本部長=青濤館(撮影・岡田茂)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. 西の人的補償でオリックス入団の竹安が入団会見「強気に投げていきたい」