2019.1.6 05:02

ヤクルトD1・清水、開幕1軍まで『昇』り詰めます!おみくじでまさかの一文字出た

ヤクルトD1・清水、開幕1軍まで『昇』り詰めます!おみくじでまさかの一文字出た

特集:
2018ドラフト情報
清水は、大事そうに『昇』のおみくじを披露した (撮影・田村亮介)

清水は、大事そうに『昇』のおみくじを披露した (撮影・田村亮介)【拡大】

 ヤクルトのドラフト1位・清水昇投手(22)=国学院大=が5日、埼玉・戸田市の戸田寮に新人一番乗りで入寮した。前日4日に東京・西新井大師で引いた、自身の名前と同じ『昇』と記されたおみくじを持参し、お守り代わりに持ち歩いていくことを明かした。今年の目標には改めて「開幕1軍」を掲げた。

 すがすがしい表情で埼玉・戸田寮に入寮した。清水は、新年早々に吉兆を呼び寄せていた。前日4日に訪れた東京・西新井大師で引いたおみくじには、自身の名前と同じ『昇』が並んでいた。

 「鳥肌が立ちました。今日が入寮だったので、その前の日に(初詣に)行こうと。自分の名前ですし、今年一年プラスにいけると思う」

 運勢は中吉だったが、おみくじには『朝日は昇るから夕日となり沈むのだ 人生もまた然り 昇るから沈む しかしまた昇る』と記されていた。清水は「持ち歩いていきたい」と“金言”を胸にルーキーイヤーをスタートさせる。

 最速151キロ右腕は、スライダー、ツーシーム、フォークボールと多彩な球種をあやつり、制球の良さが売り。国学院大4年春には、東都大学リーグの最優秀防御率賞に輝いた。その清水は年末年始も体を休めず、母校・帝京高で汗を流してきた。今年の目標には「まずは開幕1軍、そしてチームの勝利に貢献できるように」と改めて決意を語った。

 新生活には「一人部屋は初めてなので、不安なところもあるけど、ワクワクしている」と目を輝かせた。『昇』のおみくじとともにプロでの階段も昇り続ける。 (横山尚杜)

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  • 新人一番乗りで入寮した清水昇=埼玉・戸田市のヤクルトスワローズ戸田寮(撮影・田村亮介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルトD1・清水、開幕1軍まで『昇』り詰めます!おみくじでまさかの一文字出た