2019.1.5 10:00(1/3ページ)

【直撃】日本ハム・清宮、2019年の主役宣言「やらないといけない使命感がある」

【直撃】

日本ハム・清宮、2019年の主役宣言「やらないといけない使命感がある」

特集:
清宮幸太郎
清宮は色紙に「主役」と書き込み、意欲をみせた(撮影・大橋純人)

清宮は色紙に「主役」と書き込み、意欲をみせた(撮影・大橋純人)【拡大】

 球界の話題の人物に迫るオフシーズン企画『直撃』に、プロ2年目を迎える日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)が登場。昨季は、早実高の先輩で憧れのソフトバンク・王貞治球団会長(78)のプロ1年目の記録に並ぶ7本塁打をマークしたスラッガーは、今年の球界の「主役」になることを誓った。(取材構成・中田愛沙美)

 --プロ1年目の昨季は53試合に出て打率・200、7本塁打、18打点

 「成績だけ見たらふがいない。実力不足。でも、プロ野球の1年目。いろんなことを経験できました」

 --3月中旬に限局性腹膜炎を発症して入院し、開幕1軍を逃した

 「とんでもない病気でした。よくやっていたなと思う。いつか治ると思っていたけれど、どんどん悪化して…。熱も39度近くあった。苦しかったです。胃腸炎になったこともなくて、トイレでうなっていました」

 --だからこそ、5月9日のオリックス戦でのプロ1号は格別

 「ほっとしたというか、(初出場から7戦連続安打も)たまたま打っていた感じがあった。やっといいのを打てたなと思いました。うれしかったといえば、札幌ドームで初めて打ったホームラン(8月25日の楽天戦、勝ち越しの4号ソロ)。勝ったと思ったんですけど…(追いつかれて引き分け)。今年はちゃんと打ってチームが勝てるようにしたい」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【直撃】日本ハム・清宮、2019年の主役宣言「やらないといけない使命感がある」