2019.1.1 10:00(1/5ページ)

【新春特別インタビュー】阪神・西、1年間フル回転「どこが来ようが関係ないッス」

【新春特別インタビュー】

阪神・西、1年間フル回転「どこが来ようが関係ないッス」

西は色紙に今年の目標として「フル回転!!」と書く。頼もしい!(撮影・水島啓輔)

西は色紙に今年の目標として「フル回転!!」と書く。頼もしい!(撮影・水島啓輔)【拡大】

 オリックスから国内フリーエージェント(FA)権を行使して阪神に加入した西勇輝投手(28)が、新春特別インタビューに応じて虎1年目への意気込みを語った。少年時代からあこがれだった福留孝介外野手(41)と同じチームになった喜びや、報道陣には「プラス思考で書いて」と異例のお願いも。通算74勝右腕が、猛虎復活の力となる。

 --タイガースに入団した実感は

 「キャンプが近づいてくると、今以上に阪神タイガースの一員になれたと思ってくると思う。一層、気を引き締めてやっていきたいですね」

 --阪神のイメージは

 「ファンが熱い。たくさんの人が見に来る。注目度が高い。結果を求められる。プロ野球選手ならプレッシャーのなかでプレーすると思うけど、そのプレーに毎日、やりがいを感じるんじゃないかなと思います」

 --甲子園はあこがれの場所

 「高校野球でみんなが目指すところ(注1)。そこを本拠地にする。しっかり躍動できたらと思います」

 --阪神の試合は子供のときに見に行った?

 「ないッスね。(三重県出身で)ナゴヤドームの方が近かったので」

 --幼少期にあこがれた選手は

 「福留さんです。福留さんが中日にいたときには、(背番号)1番のTシャツを着て学校にいっていたくらい、あこがれていました」

 --その福留とプレーできる喜びも

 「そうですね。福留さんがメジャーから帰ってきたときに、ニッセイ(日本生命)で練習する機会があって、そこであいさつさせてもらったときに、思いの丈を伝えました。それくらいあこがれていた人でしたし、その人と試合で対戦することになったときは、うれしかったですね」

 --阪神1年目はどんな活躍をしたいか

 「1年間、けがせずに投げる。それだけです」

 --色紙にもフル回転と書いた

 「けがをするとフルに投げることはできない。自己管理したいと思います」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【新春特別インタビュー】阪神・西、1年間フル回転「どこが来ようが関係ないッス」