2018.12.29 05:05(1/3ページ)

プロボディー完成!日本ハムD1・吉田輝星、金足農で’18ラスト練習

プロボディー完成!日本ハムD1・吉田輝星、金足農で’18ラスト練習

特集:
2018ドラフト情報
力強いボールを投げ込んだ吉田輝。激動の2018年を締めた (撮影・土谷創造)

力強いボールを投げ込んだ吉田輝。激動の2018年を締めた (撮影・土谷創造)【拡大】

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(17)=金足農高=が28日、秋田市内の同校で今年最後の練習を行った。ブルペンで約30球の投球も行い、来年1月9日に始まる新人合同自主トレに向けて万全をアピール。年明けには自称「元旦マラソン」を行うことも宣言した。長靴での雪上トレーニングを経て、秋田が生んだスターがプロの世界へ旅立つ。

 吐く息が白くなる、金足農高の室内練習場。ボールがミットを力強くたたく音が響いた。吉田輝がブルペンで2018年の“投げ納め”。実戦さながらにサインや間合いなども確認して約30球、そのうち20球は捕手を座らせて投げ込んだ。

 「この時期に球を触ることは、今までなかった。感覚的にはいいボールを投げられている。やることは全部やったので、いいお正月になりそうです」

 同校で行っている自主トレでは週に1、2度ブルペン入りしている。この日は寒波の影響で気温が氷点下まで下がり、一面が雪景色。投球練習前には長靴を履き、同校独自の雪上でのランニングメニューもこなした。

 激動の1年が終わろうとしている。今夏の甲子園では、決勝までの6試合で881球を投げ抜き、チームの準優勝に大きく貢献。“金足農フィーバー”と呼ばれる社会現象を巻き起こし、全国区のスターとなった。「何もかもが変わった1年。やってきたことが報われた」と振り返った。

【続きを読む】

  • 練習後、真っ白い息を吐きながら笑顔で記者の質問に答える日本ハムD1・吉田輝星投手
  • 室内練習場で投球練習をする日本ハムD1・吉田輝星投手
  • 練習を終え笑顔で引き上げる日本ハムD1・吉田輝星投手
  • 自主トレのため室内練習所に入る日本ハムD1・吉田輝星投手
  • 笑顔でダッシュを繰り返す日本ハムD1・吉田輝星投手
  • 大型ストーブを前にブルペンで投球練習をする日本ハムD1・吉田輝星投手
  • 練習後、記者の質問に答える日本ハムD1・吉田輝星投手
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. プロボディー完成!日本ハムD1・吉田輝星、金足農で’18ラスト練習