2018.12.21 05:03

DeNA・東、日本プロスポーツ大賞最高新人賞 大谷と初対面「自分が子供のよう」

DeNA・東、日本プロスポーツ大賞最高新人賞 大谷と初対面「自分が子供のよう」

1メートル93の大谷と握手する1メートル70の東(左)。大きくない体で奮闘した

1メートル93の大谷と握手する1メートル70の東(左)。大きくない体で奮闘した【拡大】

 日本プロスポーツ協会は20日、大賞に米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)を選出し、東京・千代田区のホテルニューオータニで授賞式を行った。殊勲賞にはボクシングの井上尚弥(25)、サッカー日本代表、プロ野球ソフトバンク、最高新人賞にはプロ野球DeNAの東克樹投手(23)が選ばれた。

 最高新人賞に選ばれたDeNA・東は、チームカラーのブルーのネクタイを締めて登壇した。

 「常にプレーに集中できる環境を作ってくださったチームの皆さま、応援してくださったファンの皆さまに感謝します」

 今季11勝を挙げた左腕は言葉を詰まらせながらのスピーチを「緊張で頭の中が真っ白。何を言ったか覚えていません」と振り返った。さらに大賞の大谷との初対面も実現。「大谷さんは忙しいのであいさつ程度です」と苦笑いも、ツーショット撮影で1メートル70の東は「オーラがあった。予想以上に大きくて自分が子供のようでした」と23センチの身長差に苦笑いした。

 会見では「大谷超えを目指すか?」との問いに「タイプが違いますけど、あの舞台に行ける実力がついたら対決したいと思います」と、将来的な対戦も希望。最後まで夢心地だった。(湯浅大)

  • 最高新人賞を受賞したDeNA・東=東京都千代田区(撮影・長尾みなみ)
  • 2018年日本プロスポーツ大賞・各賞受賞者(1)
  • 2018年日本プロスポーツ大賞・各賞受賞者(2)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA・東、日本プロスポーツ大賞最高新人賞 大谷と初対面「自分が子供のよう」