2018.12.20 18:21

阪神・望月、「もっちー先生」として授業「甲子園で一緒に野球をやろう」 

阪神・望月、「もっちー先生」として授業「甲子園で一緒に野球をやろう」 

神奈川・川崎市立菅生小学校の5年生に「もっちー先生」として授業を行った阪神・望月惇志投手

神奈川・川崎市立菅生小学校の5年生に「もっちー先生」として授業を行った阪神・望月惇志投手【拡大】

 阪神・望月惇志投手(21)が20日、日本プロ野球選手会、JFAこころのプロジェクト夢の教室「ユメセン」に登場。神奈川・川崎市立菅生小学校の5年生に「もっちー先生」として授業を行った。

 体育館で体を動かし交流した後は、教室で授業。自らの野球人生を振り返り、けがなどの挫折から立ち上がり夢に向かって努力する大切さなどを伝えた。「けがをしたときに支えてもらっている人への感謝とか、諦めずに夢に向かって、というのは伝えたいなと思いました」とうなずいた。

 授業の最後には子供たちも自身の夢を前に出て発表。「プロ野球選手になりたい」と語った少年には「甲子園で一緒に野球をやろう。僕もその時まで野球をやれるように頑張る」と声を掛けた。「世界一の漁師になって、もっちー先生(身長189センチ)より大きいマグロを釣りたい」と話した生徒には「すごくかっこいいね。釣ったら送ってね」と笑顔。思い出に残るふれあいの時間を過ごした。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・望月、「もっちー先生」として授業「甲子園で一緒に野球をやろう」