2018.12.18 10:27

大谷翔平、自分の写真にサイン「いい思い出です」 18年報道写真展始まる

大谷翔平、自分の写真にサイン「いい思い出です」 18年報道写真展始まる

特集:
大谷翔平
「2018年報道写真展」を訪れ、自身の写真にサインする米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手=東京都中央区の日本橋三越本店

「2018年報道写真展」を訪れ、自身の写真にサインする米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手=東京都中央区の日本橋三越本店【拡大】

 ニュース写真で1年間を振り返る「2018年報道写真展」が18日、東京都中央区の日本橋三越本店で始まった。入場無料で期間は24日まで。会場には、米大リーグで新人王に輝いた大谷翔平選手が登場、テープカットした。自分の写真にサインした大谷選手は「初ホームランでベンチに迎えられた時の写真もあり、いい思い出です」と話した。

 写真展では国内外の作品約300点を展示。西日本豪雨、北海道地震などの被害実態や、平昌冬季五輪・パラリンピック、サッカーW杯ロシア大会などでの選手の表情を捉えた。東日本大震災の被災地の状況を撮影した作品も展示されている。

 大谷選手は出身地の岩手県を含む被災地の写真を見た後、「(来季も)いいニュースを届けられたらと思います」と話していた。

 主催は東京写真記者協会(新聞、通信など33社が加盟)。

  • 「2018年報道写真展」のオープニングセレモニーで、自らが写った写真パネルの前でバットとグローブを持ちポーズをとる、米大リーグのエンゼルス・大谷=東京都中央区の日本橋三越本店(撮影・大西史朗)
  • 「2018年報道写真展」のオープニングセレモニーに出席した、エンゼルス・大谷。自身の写った写真パネルにサインを書き入れた=東京都中央区の日本橋三越本店(撮影・財満朝則)
  • 「2018年報道写真展」のオープニングセレモニーに出席した、エンゼルス・大谷。贈呈されたカメラを手に笑顔=東京都中央区の日本橋三越本店(撮影・財満朝則)
  • 「2018年報道写真展」。東京写真記者協会賞を受賞した産経新聞社の「復興の色東日本大震災から7年」を見る、米大リーグのア・リーグ新人王に輝いたエンゼルス・大谷(左から2人目)=東京都中央区の日本橋三越本店(撮影・大西史朗)
  • 「2018年報道写真展」を訪れ、自身の写真にサインする米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手=東京都中央区の日本橋三越本店
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷翔平、自分の写真にサイン「いい思い出です」 18年報道写真展始まる