2018.12.16 05:03

西武V旅行スタート!秋山、若獅子に結婚のススメ「支えてくれる家族がいると思うと頑張れる」

西武V旅行スタート!秋山、若獅子に結婚のススメ「支えてくれる家族がいると思うと頑張れる」

太平洋を背に愛息を抱く秋山。家族が力の源だ (撮影・花里雄太)

太平洋を背に愛息を抱く秋山。家族が力の源だ (撮影・花里雄太)【拡大】

 【ホノルル(米ハワイ州)14日(日本時間15日)=花里雄太】10年ぶりのリーグ優勝に輝いた西武は、優勝旅行先のハワイに到着した。初日は約3時間のディナークルーズで大盛り上がり。秋山翔吾外野手(30)は若手選手に“結婚のススメ”を説き、自身は来季の目標としてシーズン200安打に意欲を示した。

 打席で見せる鋭い眼光はどこへ。憧れの地に初めて降り立った秋山が、果てしなく広がる太平洋をバックに、とろけるような笑みを浮かべた。

 「ハワイは人生初です。『優勝していく』というイメージがあったので、これまでは違う場所に行っていた。妻を連れてこられてよかった」

 2013年に神奈川・横浜創学館高時代の同級生、彩香さんと結婚。2人の子宝に恵まれた。今季はリードオフマンとして最多安打(195安打)を獲得し、自身初の優勝に貢献。日頃から内助の功に感謝する男は、満を持して南の大地を踏みしめ「若手も結婚してこういうのを味わってほしい。支えてくれる家族がいると思うと頑張れる」と後輩に“結婚のススメ”を説いた。

 一方で、バカンス中も鍛錬は怠らない。「一番は家族と一緒にいることだけど、体が鈍らないように」と早朝の到着直後、家族が寝ている間にホテル周辺をランニングした。来季は3番を務めた浅村が楽天に移籍し、不動の1番から打順が変わる可能性があるが、自身2度目の200安打にも「打ちたいのはもちろん」と意欲的だ。

 「秋山はどこにいても大丈夫、(チームに)欠かせないといわれる準備をしていきたい」。家族の存在が、レオの巧打者を、さらなる高みへ押し上げる。

  • 到着直後にアロハシャツを購入した源田
  • ディナークルーズでノリノリの辻監督(左は息子でパチンコライターの辻ヤスシ氏)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武V旅行スタート!秋山、若獅子に結婚のススメ「支えてくれる家族がいると思うと頑張れる」