2018.12.14 05:03(1/2ページ)

雄星、5球団前後を“大谷式”面談で決着!ボラス氏「プレゼンしてもらう」

雄星、5球団前後を“大谷式”面談で決着!ボラス氏「プレゼンしてもらう」

特集:
大谷翔平
西武・菊池雄星

西武・菊池雄星【拡大】

 【ラスベガス(米ネバダ州)12日=日本時間13日】米大リーグの球団幹部や代理人らが一堂に会するオフ最大のイベント、ウインターミーティング(WM)の3日目が開催された。西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指している菊池雄星投手(27)の代理人を務めるスコット・ボラス氏(66)が報道陣に対応し、獲得希望球団にプレゼンテーションを課し、面談を行うことを明かした。

 大注目を集め、ボラス氏が登場した。集まった約50人のメディアに“演説会”を開催した。

 「ほぼ全球団が興味を示している。獲得を希望する球団には、今月の下旬にロサンゼルスにきてもらい、プレゼンテーションをしてもらう。菊池も含め直接、話し合いを持つ予定だ」

 日本最高左腕を売り込むため、強気のコメントを連発だ。「具体的な数字はいえないが、通常よりも多いチームが興味を示している」と雄星人気をアピールした。

 数日中にも菊池は再渡米し、ボラス事務所のスタッフらと具体的な移籍交渉を本格化させる。昨年、大谷(現エンゼルス)が7球団と面談した方式で、菊池も獲得を希望する球団と“直接交渉”する。現状では、先発左腕が手薄なジャイアンツやマリナーズを筆頭に、フィリーズ、レッドソックス、インディアンスなど5球団前後の参加が見込まれている。

【続きを読む】

  • 大勢の報道陣に囲まれたボラス氏。どこまでも強気の姿勢だ(共同)
  • 菊池・ポスティングシステムによる移籍の流れ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 雄星、5球団前後を“大谷式”面談で決着!ボラス氏「プレゼンしてもらう」