2018.12.9 05:02(1/2ページ)

阪神D1位・近本、「超・誠也グラブ」でレギュラーつかむ!

阪神D1位・近本、「超・誠也グラブ」でレギュラーつかむ!

特集:
2018ドラフト情報
野球教室でバッティングを披露した近本。軽量グラブで守備にも磨きをかける(撮影・村本聡)

野球教室でバッティングを披露した近本。軽量グラブで守備にも磨きをかける(撮影・村本聡)【拡大】

 「超・誠也グラブ」ですべてをつかむ! 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が、アシックス社の広島・鈴木誠也外野手(24)のモデルを“さらに軽量化”したグラブを来季使用することが8日、分かった。この日は西宮市内の大阪ガス今津総合グラウンドで、吹田市の中学生約50人を相手にした同社野球部の野球教室に参加。守備への強いこだわりを明かした。

 装着していないかと思うほどに軽い。直感的、そして野性的に打球を追える。D1位・近本が来季使用するグラブは“あの男仕様”。アシックス社の担当者が明かした。

 「広島の鈴木誠也選手のモデルを使う予定です。外野手用の中でも、大きくなく、小さくもないのですが、軽くて動かしやすいものです」

 近本と鈴木は同学年。だが鈴木はすでに、その打棒でリーグ3連覇した鯉の4番を張っただけでなく、強肩と気迫を前面に押し出した守備でも、2016、17年と2年連続でゴールデングラブ賞に選ばれた名手だ。

 操作性が重視され、ただでさえ軽いその逸品を、近本は面談後にさらに軽くすることを望み、とにかく軽快な操作性を求めた。「内部のスポンジを少し抜いたり、使用する革の厚みを変えたり、芯の部分の材料も軽い革にして、さらなる軽量化を図りました」と同担当者。プロ入りから同社のクラブを使う近本の要望に、「超・誠也モデル」で応えた形だ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D1位・近本、「超・誠也グラブ」でレギュラーつかむ!