2018.12.9 18:08

西武D2・渡辺、羽生市出身の初のプロ野球選手に「実感がわく」

西武D2・渡辺、羽生市出身の初のプロ野球選手に「実感がわく」

特集:
2018ドラフト情報
西武のD2位・渡辺(浦和学院高、右)と元巨人の黒江透修氏

西武のD2位・渡辺(浦和学院高、右)と元巨人の黒江透修氏【拡大】

 西武のドラフト2位・渡辺勇太朗投手(18)=浦和学院高=が9日、埼玉・羽生市の羽生市体育館で応援セレモニーに出席した。同市出身の初のプロ野球選手で、地元の野球少年やファンは大喜び。最速149キロ右腕は「こうして応援していただけると、プロになるんだという実感がわく」と喜んだ。

 中学まで地元でプレーし、今夏の甲子園で8強入りした浦和学院高、そして西武とプロまで一貫して埼玉でプレー。小学校時代には巨人軍V9メンバーで同市の野球教室の校長を務める黒江透修氏(79)=野球評論家=に教えを受けたといい、この日セレモニーに参加した黒江氏から色紙を贈られて祝福された。

 同氏はかつての教え子がプロ入りしたことに「うれしいね」と目を細め、「目標を大きく持って頑張ってほしい」とエールを送った。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 西武D2・渡辺、羽生市出身の初のプロ野球選手に「実感がわく」