2018.12.7 05:03(1/2ページ)

一発サインだけど…阪神・岩貞、致命的一発もうご免!年間通し安定したピッチングを

一発サインだけど…阪神・岩貞、致命的一発もうご免!年間通し安定したピッチングを

岩貞は最下位からの巻き返しを誓う。投手陣のリーダーとしての自覚もにじんだ(撮影・岡田茂)

岩貞は最下位からの巻き返しを誓う。投手陣のリーダーとしての自覚もにじんだ(撮影・岡田茂)【拡大】

 阪神の契約更改が6日、西宮市内の球団事務所で行われ、岩貞祐太投手(27)は300万円増の年俸3800万円でサインした。矢野燿大監督(50)から投手陣を引っ張る存在と期待される左腕は最下位から巻き返し、優勝することを誓った。岩田稔投手(35)は、減額制限(1億円以下は25%)ギリギリの24%(1200万円)減となる年俸3800万円で更改した。

 ふつふつとわき上がる闘志が表情からにじみ出た。ストライプのスーツにえんじ色のネクタイで契約更改後の会見に臨んだ岩貞は、来季の巻き返しを宣言した。

 「最下位という情けない順位から脱出して、来年こそは笑ってシーズンを終えられるように頑張りたい」

 今季は23試合に登板して7勝10敗、防御率3・48。不振に陥り、18試合の登板で5勝10敗、防御率4・96だった昨季から上向いたことで300万円アップをつかみ取ったものの、チームは17年ぶりの最下位。当然のことながら、満足などひとかけらもなかった。

 ブレークした2016年は25試合に登板して10勝9敗、防御率2・90。怖いもの知らずで伸び伸び投げていたときと、違いは数字が表している。被本塁打数は16年から10、14、18。今季はリーグ最下位から3番目の数字だった。「四隅を狙って投げなきゃと思って投げてしまっていた」と敗因は分析済み。「よかった点、悪かった点は明確だったので、来年以降、自覚を持ってやっていかないといけない。年間を通して安定したピッチングができるように」。“一発病”を克服して、2年前の輝きを取り戻す。

【続きを読む】

  • 契約更改交渉後、会見に臨んだ阪神・岩貞=阪神球団事務所(撮影・岡田茂)
  • 阪神・岩貞の年度別登板成績&年俸推移
  • セ・リーグの今季被本塁打上位
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 一発サインだけど…阪神・岩貞、致命的一発もうご免!年間通し安定したピッチングを