2018.12.5 22:45

東都、1日3試合開催を承認 連盟史上初「活性化案が一歩進んだ」

東都、1日3試合開催を承認 連盟史上初「活性化案が一歩進んだ」

 東都大学野球連盟は5日、東京都内で理事会を開き、従来の原則1日2試合を見直し、来春のリーグ戦で3試合を開催する日程を承認した。全日程を1日3試合で組むのは連盟史上初という。ナイター開催による集客増など活性化が狙い。神宮球場などと調整し、年内にも正式決定する。

 来春は4月8日に開幕予定。1、2回戦はプロ併用日を避けた5週で実施し、予備週を設ける。

 瀬尾事務局長は「もともとあった活性化案が一歩進んだ。社会人の観戦や授業が終わった後の学生も足を運んでもらえる」と述べた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東都、1日3試合開催を承認 連盟史上初「活性化案が一歩進んだ」