2018.12.5 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(1469)】巨人・大竹「クビ覚悟」からの巻き返しへ、体調管理と原点回帰

【球界ここだけの話(1469)】

巨人・大竹「クビ覚悟」からの巻き返しへ、体調管理と原点回帰

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
東京・大手町の球団事務所で契約更改に臨んだ大竹。来季の巻き返しを誓った

東京・大手町の球団事務所で契約更改に臨んだ大竹。来季の巻き返しを誓った【拡大】

 「正直、クビを覚悟していた部分もあった」

 17年目のシーズンを終えた巨人・大竹寛投手(35)は、契約更改の場でこう口にした。今季は開幕ローテーション入りするも、わずか2試合の登板で1勝1敗、防御率6・00。このままでは終われない。

 「自分としては、もう1年契約していただけるんだなと思いました。金額よりもそっちのほうが強いですね。なんとかチームに貢献したい」

 大幅減俸も、受け入れた。球団から提示された額は、今季の年俸5250万円から50%減となる2625万円(金額は推定)。野球協約の減額制限(1億円以下は25%)を超えていた。

 だが、どんな現実も受け止めて前に進む。巻き返しへ、自身と向き合っている。このオフのテーマについて聞かれると「まずは自分のコンディションをしっかり整えて、準備をすること」。来季18年目を迎えるベテランにとって、コンディションの管理は最も重要な部分とも言える。

 そのために活用しているのが、スマートフォンのアプリだ。オフシーズンに入ってから使用し始めたもので、その日に食べたものを記録すると、足りていない栄養素や、食事のバランスについてアドバイスをしてくれるという優れもの。体重や体脂肪率の増減もグラフで確認できる上に、1日の食事を評価して、点数をつけてくれる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(1469)】巨人・大竹「クビ覚悟」からの巻き返しへ、体調管理と原点回帰