2018.12.3 05:01

ヤクルト・青木、同郷の寺原加入「心強い」 死球受け球威“体感”

ヤクルト・青木、同郷の寺原加入「心強い」 死球受け球威“体感”

 ヤクルト・青木宣親外野手(36)が2日、神宮クラブハウスで約2時間、ウエートトレーニングなどで汗を流した。ソフトバンクから戦力外通告を受け、ヤクルトと入団合意した寺原隼人投手(35)に触れ「同じチームでできてうれしい。心強い? もちろん」と共闘を誓った。

 同じ宮崎県出身で毎年オフに県人会で顔を合わせる間柄。「連絡もきて『よかったね』って。今年、当てられたけど…。直球はまだまだ速い」と、6月5日のソフトバンク戦(神宮)で死球を受けて“体感”した球威に太鼓判を押した。

 青木はシーズン終盤に痛めた左太もも裏の回復も順調で、12月から本格的なトレーニングを積んでいる。来季は、同郷の仲間とともにチームを支える。 (横山尚杜)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・青木、同郷の寺原加入「心強い」 死球受け球威“体感”