2018.12.3 22:37

西武・松井稼監督のアグレッシブな“老後観”とは

西武・松井稼監督のアグレッシブな“老後観”とは

「老後を変える地域研究会」のイベントに出席した松井2軍監督

「老後を変える地域研究会」のイベントに出席した松井2軍監督【拡大】

 今季限りで現役を引退し西武の2軍監督に就任した松井稼頭央氏(43)が3日、メットライフ生命保険主催のイベント『老後を変える地域研究会@東京』に登場。一般参加者とともに「理想のセカンドライフ」について考えるとともに、自身のアグレッシブな“老後観”を披露した。

 松井2軍監督が掲げた理想は「忙しい老後」。ベテランになってもストイックにトレーニングを重ね“球界一の肉体”といわれた男らしく、「70、80歳になっても若い人たちの輪の中にいられれば。そのためにも健康でいないといけない。体調も食事も全てにおいて気をつけたい」と話した。

 2018年は松井2軍監督にとって、15年ぶりの西武復帰、リーグ優勝、現役引退と激動の一年になった。指導者1年目となる新シーズンに向け青年監督は「色々なことを経験して、勉強していきたい」と意気揚々。浅村、炭谷と主力2人がFA移籍で抜け、ブレークが期待される若手選手に「若手にとっては大きなチャンス。一人でも多くの選手が1軍で活躍してほしい」と飛躍を願っていた。 

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・松井稼監督のアグレッシブな“老後観”とは