2018.12.3 17:34

巨人・亀井が年俸7000万円でサイン、自身最高年俸に「貢献は出来た」

巨人・亀井が年俸7000万円でサイン、自身最高年俸に「貢献は出来た」

契約更改を済ませ会見する巨人・亀井=東京・大手町(撮影・矢島康弘)

契約更改を済ませ会見する巨人・亀井=東京・大手町(撮影・矢島康弘)【拡大】

 巨人・亀井善行外野手(36)が3日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉し、1800万円増の年俸7000万円でサイン。2016年に並ぶ自身最高年俸となり、「『要所で貢献してくれた』ということと、『一年間頑張ってくれた』と言っていただきました」と晴れやかな表情で会見に臨んだ。

 今季は14年目にして息を吹き返した。春季キャンプを2軍で過ごしたものの、開幕直後の4月3日に陽岱鋼が死球で左手を骨折。1軍に昇格すると、新加入のゲレーロらと出場機会を争い、外野の定位置の座をつかんだ。5番に座る試合も多く、123試合に出場し、打率・254、13本塁打、49打点の数字以上に、勝負強さを随所に見せた。

 2005年の入団以来、規定打席に到達したのは・290、25本塁打、71打点と活躍した09年の1度だけだった。度重なる故障に泣いてきたが、自身2度目の規定打席に到達し、「本当に予想はしていなかった。規定打席はおまけのような感じですけど。後半ちょっとバテましたけど、前半は自分なりに貢献は出来たかなと思います」と語った。

 チームは、このオフに外野陣は広島からFAで同じ左打ちの丸を獲得。来季37歳となるいぶし銀は「代打であろうが、守備固めであろうが、スタメンであろうが、少しでもチームに貢献できるようにという気持ちは常に持っているし、来年以降も変わらない。脇役として与えられたところで仕事をしないといけない」と熱く語った。(金額は推定)

契約更改へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・亀井が年俸7000万円でサイン、自身最高年俸に「貢献は出来た」