2018.12.2 05:03

大阪桐蔭後輩は別格!阪神・藤浪、根尾と対戦「楽しみ」

大阪桐蔭後輩は別格!阪神・藤浪、根尾と対戦「楽しみ」

特集:
藤浪晋太郎
子供たちに野球を教える藤浪。甲子園での根尾との対決を心待ちにする(撮影・岡田茂)

子供たちに野球を教える藤浪。甲子園での根尾との対決を心待ちにする(撮影・岡田茂)【拡大】

 阪神・藤浪晋太郎投手(24)が1日、大阪市内で開催された「スポーツの力で大阪を盛り上げよう! BASEBALL FESTIVAL2018in大阪」に参加。大阪桐蔭高の後輩で中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)との対戦を心待ちにした。しばらく白星から遠ざかっている甲子園で先輩後輩対決を制し、来季こそ本拠地勝利を手に入れる。

 先輩後輩対決で、甲子園を沸かせる。もちろん勝つのは藤浪だ。大阪市内でイベントに参加した藤浪が、中日のD1位・根尾との対戦へ力を込めた。

 「もちろん楽しみは楽しみです。試合に入れば関係ないですけど。自分も1軍にいて対戦できるように、頑張りたいと思います」

 実力をよく知るからこそ、ただの「後輩との対決」ではない。「レベルが2つ3つ違って“別格”という言葉がよく合う。木のバットも苦労しないかなと思います」と絶賛すれば、同じドラ1の先輩としても“太鼓判”。「特に根尾くんとか藤原くんとか1位の選手は大変。いろいろ振り回されることもありますけど、でも(性格的に)大丈夫そうじゃないですか」とうなずいた。

 ともに春夏連覇を達成した大阪桐蔭高OBの対決が、甲子園であれば、勝たないわけにはいかない。2017年4月27日のDeNA戦以降、甲子園では7試合、白星から遠ざかっている。藤浪がわずかその1勝のみにとどまっていたこの2年の間、根尾は甲子園で投打で大暴れ。昨春に優勝し、今年は春夏連覇を達成。同じ場所で対照的な2年間を過ごしてきたが、来年こそは違う。

 「(甲子園は)シーズンの半分を過ごす球場なので。勝ち負けは時の運なので、こればかりはどうしようもないですけど。特にホームで勝ちたいとかはないですけど、勝てるように、普通に投げたいです」

 勝って、後輩も抑えて、悔しさを晴らす1年にする。(箭内桃子)

  • 阪神・藤浪の甲子園での今季登板成績
  • 阪神・藤浪の大阪桐蔭出身選手との今季対戦成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 大阪桐蔭後輩は別格!阪神・藤浪、根尾と対戦「楽しみ」