2018.12.2 05:02

虎投の治安守る!阪神・糸原「率先してマウンドに行く」、甲子園警察署一日署長で誓い

虎投の治安守る!阪神・糸原「率先してマウンドに行く」、甲子園警察署一日署長で誓い

一日署長を務めた糸原。来季は主将として白星も守り切る!(撮影・甘利慈)

一日署長を務めた糸原。来季は主将として白星も守り切る!(撮影・甘利慈)【拡大】

 阪神・糸原健斗内野手(26)が1日、「甲子園警察署年末特別警戒発隊式」に参加し、同署の一日署長を務めた。虎の平和も守るため、主将として臨む来季は投手陣への声かけを徹底して、炎上を未然に防ぐ“火の用心”を誓った。

 白バイにまたがると、市民を守る制服姿が余計に映えた。糸原が一日署長を務め、200人の参加者へ防犯意識向上を呼びかけた。もちろん、虎の“火の用心”も徹底する。

 「来年もしっかり、投手だったりチームを守れるように僕が率先してマウンドに行ったり、そこはしたい。来年はキャプテンですし、どんどん積極的に声をかけていきたいです」

 シーズン序盤、能見からの助言も受けてマウンドへ何度も足を運んだ。若い先発陣が多いなか、リーグ2位のチーム防御率4・03に貢献。だが、一日署長の心には「結構、間を置いておけば投手も投げやすかったのかなとかもあった」と反省もある。

 主将として臨む来季はすぐさま動く。「(投手が)打たれて、点につながる前に自分が間を置けるようにマウンドには積極的にいきたい。グラウンドでは年齢は関係ないと思うので」と力を込めた。

 目標の打率3割達成に向けて、オフは鳴尾浜などで徹底的に体を鍛える。市民の安全を祈る糸原署長が、グラウンドでも矢野阪神の白星を守り抜く。 (新里公章)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 虎投の治安守る!阪神・糸原「率先してマウンドに行く」、甲子園警察署一日署長で誓い