2018.12.2 05:03(1/2ページ)

タカ日本一更改、波乱の幕開け…上林が3000万円アップ保留

タカ日本一更改、波乱の幕開け…上林が3000万円アップ保留

1軍の先陣を切った契約更改交渉で保留した上林。波乱の幕開けだ(撮影・安藤理)

1軍の先陣を切った契約更改交渉で保留した上林。波乱の幕開けだ(撮影・安藤理)【拡大】

 ソフトバンク・上林誠知外野手(23)が1日、ヤフオクドームの球団事務所で契約更改交渉を行い、3000万円増の年俸6500万円を保留した。希望額との差が理由で、5日に再交渉する。この日から1軍選手の交渉が始まったが、球団史上初の2位からの日本一という特殊なシーズンで、今後も複雑な交渉が続きそうだ。

 バツが悪そうな苦笑いを浮かべた23歳は、勇気を振り絞って判を引っ込めた。この日から始まった1軍選手の契約更改交渉は、波乱の幕開け。先陣を切った上林が保留した。

 「自分の考えていた金額と少し差があった。当然評価はしてもらえましたが、納得いく形で来季を迎えたいので」

 3000万円増となる年俸6500万円の提示も、倍増を望んだとみられる。高卒5年目の今季は自身初の全143試合に出場。打率・270、22本塁打、62打点と飛躍した。

 「まだ胸を張れる成績ではないですが、その中でも(やれた)というところもある。数字だけでなく、打撃も守備も目に見えないところで」

【続きを読む】

  • 上林誠知の年度別打撃成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. タカ日本一更改、波乱の幕開け…上林が3000万円アップ保留