2018.12.2 19:43

大谷から甲子園で唯一本塁打を放ったスラッガー、年商1億円の経営者に

大谷から甲子園で唯一本塁打を放ったスラッガー、年商1億円の経営者に

花巻東・大谷翔平投手から本塁打を放つ田端良基氏

花巻東・大谷翔平投手から本塁打を放つ田端良基氏【拡大】

 2日放送のTBS系「消えた天才」(日曜後7・0)で、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)から甲子園で唯一本塁打を放った田端良基氏(24)を特集した。

 2012年の春の選抜大会1回戦で、大阪桐蔭高の4番を務めた田端氏は、岩手・花巻東高の大谷から左翼に本塁打を放った。同期の阪神・藤浪晋太郎投手(24)も、「飛距離、パワー、捉える力。打撃は超一流だった」と評価。夏には史上7校目となる大阪桐蔭の甲子園春夏連覇に貢献した。

 しかしドラフト会議では田端氏の名前が呼ばれることはなかった。「かなりショックで、心の中にぽっかり穴があき、何も考えられなかった」。高校で野球をやめ、現在はオーダースーツ販売で年商1億円の会社の経営者になった。大谷については「高校生離れしていた。何ランクも上の投手」と振り返り、大谷から本塁打を放ったボールは今でも大切に保存しているという。

 

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球その他
  4. 大谷から甲子園で唯一本塁打を放ったスラッガー、年商1億円の経営者に