2018.12.1 05:02(1/2ページ)

今季阪神を苦しめた男が阪神入り ヤクルト引退の古野が打撃投手に

今季阪神を苦しめた男が阪神入り ヤクルト引退の古野が打撃投手に

特集:
移籍・退団・引退
阪神の打撃投手を務めることになった古野。現役を引退したばかりの右腕を練習で打ちまくる

阪神の打撃投手を務めることになった古野。現役を引退したばかりの右腕を練習で打ちまくる【拡大】

 今季ヤクルトを退団し、現役を引退した古野正人氏(32)が、来季から阪神の打撃投手を務めることが30日、分かった。プロ初登板も、今季3年ぶりにつかんだ白星も阪神戦。虎と縁の深い右腕が、今度は虎の打力向上のため縁の下の力持ちとなる。

 欠員が出ていた虎の打撃投手に、来季は“意外な男”が加わる。元ヤクルト投手の古野正人氏だ。まさに昨日の敵は今日の友。今度は仲間として打って、猛虎打線復活へとつなげる。

 古野は地元・兵庫の報徳学園高から龍谷大、日産自動車を経て、三菱重工神戸から2012年にD6位でヤクルト入りした。通算62試合に登板し、9勝12敗、防御率5・30。関西出身右腕というだけでなく、虎とは浅からぬ縁も。阪神戦の通算成績は12試合で1勝1敗、防御率5・89だが、プロ初登板初ホールドを2013年4月19日の阪神戦(甲子園)で記録していた。

【続きを読む】

  • 古野正人の年度別登板成績
  • 阪神・今季打撃投手
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 今季阪神を苦しめた男が阪神入り ヤクルト引退の古野が打撃投手に