2018.12.1 05:04

原監督、丸から直電受けニッコリ 巨人、空前の大補強4人で38億2500万円

原監督、丸から直電受けニッコリ 巨人、空前の大補強4人で38億2500万円

午前中に丸から電話をもらったという原監督。満面の笑みで報道陣に対応した (撮影・今野顕)

午前中に丸から電話をもらったという原監督。満面の笑みで報道陣に対応した (撮影・今野顕)【拡大】

 巨人・原辰徳監督(60)は30日、東京・大手町の球団事務所で報道陣に対応し、丸の移籍を大歓迎した。広島残留、ロッテの選択肢がある中、原巨人がまたも補強に成功した。

 「ジャイアンツを選んでいただいたことに感謝しております。まだこれから脂がのるんじゃないかな。クリーンアップの一角が入ってくれた」

 24日に原監督も同席して丸と初交渉。5年総額30億円規模の条件を提示し、東京生活の支援も約束した。そして、この日の午前10時前。丸から直接、電話を受け、「大歓迎だ。必ず君のこれからの野球人生において、自分は力になる。それは信じてくれ」と伝えた。

 4年連続でV逸中の巨人が今オフ4人目の補強に成功した。今季、メジャーで20発の前パドレス・ビヤヌエバを年俸、契約金を含む総額200万ドル(約2億2500万円)、前オリックスの中島を年俸1億5000万円の1年契約、西武からFA宣言の炭谷を年俸1億5000万円の3年契約で獲得し、丸の加入も決まり、現時点で総額38億2500万円を費やした。

 すでに清原、ヒルマンらを補強した96年の長嶋監督時代や小笠原、門倉らを獲得した06年、さらには村田、杉内らを獲得した11年を超え、過去最大級の補強費を注ぎ込んでいる。さらに抑え候補の外国人の調査も進めており、V奪回への大補強はまだまだ続く。

 丸の入団会見は近日中に行われる。原監督は「背番号は8に? それは大歓迎です。谷も片岡も活躍してくれた」と初交渉で自身の現役時代の背番号「8」も提示した強打者の活躍に大きな期待を寄せた。 (吉村大佑)

FA有資格選手へ

  • 巨人・原辰徳監督(右)と一緒にグータッチでポーズをとる炭谷銀仁朗(左)
  • 巨人・原辰徳監督と背番号5のユニフォームを着てポーズを取る中島宏之
  • 前パドレス・ビヤヌエバ(AP)
  • 広島・丸のFA移籍が決定し囲み取材に答える巨人・原監督=東京・千代田区(撮影・今野顕)
  • 広島・丸のFA移籍が決定し囲み取材に答える巨人・原監督=東京・千代田(撮影・今野顕)
  • 取材に応じる巨人・原監督=球団事務所
  • 丸佳浩の年度別打撃成績
  • 巨人・このオフの補強選手
  • 巨人・オフシーズンの主な大補強費用
  • 2018年FA宣言選手
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 原監督、丸から直電受けニッコリ 巨人、空前の大補強4人で38億2500万円