2018.11.30 05:04(1/3ページ)

阪神・ドリス、残留交渉難航…今季年俸1億2500万円も条件面に開き

阪神・ドリス、残留交渉難航…今季年俸1億2500万円も条件面に開き

特集:
移籍・退団・引退
交渉が難航していることが判明したドリス。すんなり残留とはいかないようだ

交渉が難航していることが判明したドリス。すんなり残留とはいかないようだ【拡大】

 阪神とラファエル・ドリス投手(30)の残留交渉が難航していることが29日、分かった。球団関係者が明らかにした。30日が日本野球機構(NPB)への保留者名簿の提出期限。今季32セーブを挙げた虎の守護神が流出となれば、V奪回に暗雲が漂うことに…。球団は全力で引き留める。

 メッセンジャーもナバーロも、そして、新助っ人右腕のピアース・ジョンソン投手(27)=ジャイアンツ=も来季、タテジマに袖を通すことが決まった。しかし…。ブルペン陣の要であるドリスの“声”が、まだ聞こえない。滑り込みでの残留となるのか、それとも…。

 「一旦、(保留者)名簿からは外さないといけないかもしれない」

 各球団が来季も戦力として契約する権利をもつ保留者名簿のNPBへの提出は、30日に期限を迎える。球団関係者が険しい表情で、ドリス側との交渉が難航していることを示唆した。

 昨季37セーブで最多セーブのタイトルを初獲得したドリスは、オフに年俸1億2500万円の1年契約を締結。来日3年目の今季は1勝7敗32セーブ、防御率2・85の数字を残した。7敗のうち、6敗が同点の状況であるように緊迫したシーンでの不安定さはあったが、藤川、桑原らとともにブルペン陣を支え、球団側も来季残留に向け、代理人と交渉を続けてきた。

【続きを読む】

  • 阪神・ドリスの年度別登板成績&年俸推移
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・ドリス、残留交渉難航…今季年俸1億2500万円も条件面に開き