2018.11.30 05:03(1/2ページ)

阪神・矢野監督が「読書のススメ」“頭の自主トレ”本格的に取り組んで!

阪神・矢野監督が「読書のススメ」“頭の自主トレ”本格的に取り組んで!

 阪神・矢野燿大監督(49)が29日、12月の本格的なオフ突入を目前に控えた選手らに「読書のススメ」を説いた。自身も現役時代、野村克也元監督(83)=サンケイスポーツ専属評論家=に「本を読め」と口酸っぱく言われ続け、今や大の読書家。「読んだ方が絶対にいい」、「趣味の一環で何かをやったら勉強にもなる」とアツく語りかけた。

 “頭の自主トレ”にも意識を向けてほしい。ひと冬を越え、再会する2月1日。ナインの体には力が、頭の中には「新たな知識」がみなぎっていることを、矢野監督は期待している。

 「選手は読んだ方がええんちゃう。でも、若いときは、そこに気持ちがいかないのもあるし。読んだ方が絶対にいい」

 矢野監督自身、新たな知識や成功者の考え、前向きな考えの持ち方などを、豊富な読書量で吸収してきた自負がある。本を通じて得たすべてが、意識せずとも選手や周囲に伝えるメッセージに乗り移る。今こうして虎を率いるための、血となり肉となっている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・矢野監督が「読書のススメ」“頭の自主トレ”本格的に取り組んで!