2018.11.30 08:00(1/2ページ)

【小早川毅彦のベースボールカルテ】2016年夏を最後に休部…PL野球部、甲子園100勝&プロ100人達成へ復活願う

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

2016年夏を最後に休部…PL野球部、甲子園100勝&プロ100人達成へ復活願う

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ

 PL教団の先代教主、御木徳近氏が亡くなってから35年。20日に東京都内で「しのぶ会」が開かれた。PL学園高1期生として野球部を創部した井元(いのもと)俊秀さんが野球部OBに声をかけ、プロ出身者は中塚政幸(元大洋)、得津高宏(元東京、ロッテ)、尾花高夫(元ヤクルト)の諸先輩に、桑田真澄(元巨人、パイレーツ)、私の5人が出席した。

 その5日前に、来年1月の野球部OB総会で桑田が新会長に就任すると報じられたばかり。6学年下の後輩は「野球部の復活を目指して頑張ります。そのために発信、貢献をしていかないと」と抱負を語ってくれた。

 ご存じの通り、野球部は2016年夏の大阪大会を最後に休部。昨年3月に大阪府高野連を脱退した。現会長の鶴岡秀樹さん(ミズノ常務)は私の2学年上で、OBの間で信頼度は抜群だ。その人から会長を受け継ぐ桑田には、スポーツに対する考え方はもちろん、世間から忘れ去られないためのネームバリューも期待されていると思う。

 サンスポが昨年12月に掲載した企画『荒木大輔の歴史旅』でも紹介されたように、井元さんは学習院大を卒業後、教団職員として2001年まで新入部員の獲得に尽力してきた。私も誘っていただいた一人。今回、先代教主から「この名前は全国優勝できる。絶対に取ってこい」と命じられた選手が2人いたことを教えてくれた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【小早川毅彦のベースボールカルテ】2016年夏を最後に休部…PL野球部、甲子園100勝&プロ100人達成へ復活願う