2018.11.30 05:03(1/2ページ)

鷹・甲斐、「甲斐キャノン」自らイメージ撃ち破る!フルイニング出場へ課題の打撃磨く

鷹・甲斐、「甲斐キャノン」自らイメージ撃ち破る!フルイニング出場へ課題の打撃磨く

甲斐は強肩ばかりが目立つ現状からの、さらなる飛躍を誓った

甲斐は強肩ばかりが目立つ現状からの、さらなる飛躍を誓った【拡大】

 守備の名手に贈られる「三井ゴールデングラブ賞」の表彰式が29日、東京・千代田区の帝国ホテル東京で行われた。パ・リーグの捕手部門で2年連続2度目の受賞となったソフトバンク・甲斐拓也捕手(26)は代名詞となった「甲斐キャノン」の“返上”を宣言。自慢の強肩だけでなく、総合力での勝負を誓った。

 球界屈指の名手の中でも、話題性は主役級だ。全国に「甲斐キャノン」がとどろいて、約1カ月。甲斐は自身の現在地を冷静にみつめた。

 「(話題は)うれしいです。ただ、そこまで力はないです。名前が一人歩きしてしまっているので、ギャップを埋めていかないといけないです」

 両リーグトップの盗塁阻止率・447を誇る強肩は、6連続盗塁阻止でMVPを獲得した日本シリーズで一躍有名になった。2年連続ゴールデングラブ賞。「守りが長所でこの世界に入ったのでうれしい」と感謝も、スターとして扱われることに違和感を抱いた。

【続きを読む】

  • 壇上にズラリと並んだ守備の名手たち(撮影・菊本和人)
  • 表彰式終了後、トロフィーを手に取材に応じる(左から)、ソフトバンク・松田宣、柳田、甲斐=東京・千代田区(撮影・菊本和人)
  • パ・リーグゴールデングラブ賞受賞者
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 鷹・甲斐、「甲斐キャノン」自らイメージ撃ち破る!フルイニング出場へ課題の打撃磨く