2018.11.29 05:00(1/3ページ)

【虎のソナタ】金沢で若手トラ番臨時講師

【虎のソナタ】

金沢で若手トラ番臨時講師

特集:
虎のソナタ
79をマークした矢野監督(左)。さすがの腕前だ。右は福原投手コーチ

79をマークした矢野監督(左)。さすがの腕前だ。右は福原投手コーチ【拡大】

 思わずうめくように当番デスク白石大地は妙な部分で感嘆した。「矢野監督はスコア79で18位か…大したもんだ…」

 ゴルフ記者として会社の金で世界中を走り回りやがった白石だから“わかる”のだが、この日、有馬ロイヤルGCで開催された『タイガース杯』コンペで矢野燿大監督は79の好スコアで回った。新監督として東奔西走の日々は彼には尋常でないストレスのハズだが…。この「タイガース杯」は球団、選手、マスコミ、関係者など総勢157人の大コンペ。我が運動部からは「トラ番の取材を手伝う」という条件付きで元トラ番キャップで現デスクの澄田垂穂、堀啓介が勇んででかけた。が「成績は虎ソナに書かないでください」(澄田)「僕はいなかったことにして…」(堀)と2人とも、相当散々だったらしい。日頃から我がサンスポのデスクは「もっとシビアな1面はないのか?」と責め立てられるから久しぶりに阪神の“懐かしい顔ぶれ”に出会っても「いきなりシャンクしたり、みんながみてるのでド緊張でして…頭が真っ白になりました。でも楽しかったです」と澄田。

 ま、そのてんやわんやの一端は紙面でどうぞ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【虎のソナタ】金沢で若手トラ番臨時講師