2018.11.29 05:03

楽天・三木谷オーナー、来年からオーナー会議の議長に

楽天・三木谷オーナー、来年からオーナー会議の議長に

オーナー会議の出席者

オーナー会議の出席者【拡大】

 プロ野球のオーナー会議が28日、東京・港区の東京プリンスホテルで開かれ、来年の同会議の議長に楽天・三木谷浩史オーナー(53)を選んだ。

 オーナー会議は毎年5、9、11月に開催され、ソフトバンク、ロッテ、楽天のオーナーは今年いずれも欠席。この日オーナーが出席したのは半分の6球団だった。楽天・井上智治オーナー代行は報道陣の質問に「議長はオーナー本人ではないとできないので、(来年は)本人がやります」と出席の見通しを示し、斉藤惇コミッショナーも「本人が出席? そう聞いています」と語った。

 三木谷オーナーは2016年11月の同会議に出席した際に「少子化の問題もあり、外国人枠を拡大して、最終的には撤廃していったらどうか」との持論を展開。井上オーナー代行はこの日、「オーナーが集まるので、実質的な議論をすることが大事」と語った。

 野球協約には「オーナー会議にオーナーの互選によって選出された議長を置く。議長の任期は1年とし、この会議を代表し、コミッショナーと共同で会議の議事の整理に当たる」とあり、セ、パ両リーグのオーナーが毎年交代で務めている。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 楽天・三木谷オーナー、来年からオーナー会議の議長に