2018.11.29 12:15

DeNA自由契約の荒波、現役続行の意向「年内にはある程度決めたい」

DeNA自由契約の荒波、現役続行の意向「年内にはある程度決めたい」

特集:
移籍・退団・引退
退団した左から後藤、加賀、福地、白根、網谷、荒波

退団した左から後藤、加賀、福地、白根、網谷、荒波【拡大】

 DeNAから戦力外通告を受けた荒波翔外野手(32)が、現役続行の志向を改めて示した。

 9月上旬に通告を受けてから現役続行を希望していたが、前日28日に選手会納会が行われた静岡県内で改めて「基本的にはその方向です」と語った。現時点でオファーは届いていないが「いつ話がきてもいいように。しっかり体を鈍らせないようにしている」と、今でも練習を継続しているという。

 「可能性がゼロになるまで(続行で)考えたい」と、根気強く“縁”を待ち続けている。ただし、「あまりズルズルといくのもよくないので、年内にはある程度決めたい」とリミットを設定した。2度のゴールデン・グラブ賞を誇る荒波の動向が注目される。

 また、同じく戦力外通告を受けた4年目左腕の福地も現役続行を希望。13日のトライアウトも受けているが現時点でオファーは届いていない。「どんな形でも野球は続けたいと思っています」と語った。

移籍・退団リストへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA自由契約の荒波、現役続行の意向「年内にはある程度決めたい」