2018.11.29 20:41

広島「タナキクマル」トリオ、初のゴールデン・グラブ賞同時受賞

広島「タナキクマル」トリオ、初のゴールデン・グラブ賞同時受賞

表彰式終了後、トロフィーを手に取材に応じる(左から)、広島・田中、菊池、丸=東京・千代田区(撮影・菊本和人)

表彰式終了後、トロフィーを手に取材に応じる(左から)、広島・田中、菊池、丸=東京・千代田区(撮影・菊本和人)【拡大】

 広島からフリーエージェント宣言している丸佳浩外野手(29)、菊池涼介(28)と田中広輔(29)両内野手が29日、東京都内で行われた守備の優れた選手に贈られる「三井ゴールデン・グラブ賞」の表彰式に出席した。二遊間の同時受賞は球団史上初、1989年生まれの「タナキクマル」トリオとしても初めて同時受賞となった。

 外野手部門で6年連続6度目の受賞の丸は「毎年キクとこの賞をいただいているが、『この賞を3人で取りたいね』と言っていて、叶うことができて良かったです」と笑顔を見せた。

 二塁手部門で元中日の荒木雅博氏と並びセ・リーグ最多タイの6年連続6度目の受賞となった菊池は「ずっとコウスケも取りたいと言いながら何年も過ぎたが、1つ夢が叶ったかな。それぐらいうれしい気持ちです」。遊撃手のライバル、巨人・坂本勇人内野手の牙城を崩してプロ5年目で初めて同賞に輝いた田中は「プロに入って一番取りたかった賞。素直にうれしいです」と満面の笑みを見せた。

Gグラブ賞へデータ集へ

  • トロフィーを授与される広島・丸=東京・千代田区(撮影・菊本和人)
  • トロフィーを授与された(右から)、楽天・岸、ソフトバンク・甲斐、日本ハム・中田、ロッテ・中村、ソフトバンク・松田宣、西武・源田、西武・秋山、ソフトバンク・柳田、日本ハム・西川=東京・千代田区(撮影・菊本和人)
  • トロフィーを授与される巨人・菅野=東京・千代田区(撮影・菊本和人)
  • トロフィーを授与される阪神・梅野=東京・千代田区(撮影・菊本和人)
  • 表彰式終了後、トロフィーを手に取材に応じる(左から)、ソフトバンク・松田宣、柳田、甲斐=東京・千代田区(撮影・菊本和人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島「タナキクマル」トリオ、初のゴールデン・グラブ賞同時受賞