2018.11.29 05:02

金子、球団に自由契約申し入れ オリックスは慰留継続

金子、球団に自由契約申し入れ オリックスは慰留継続

特集:
移籍・退団・引退
オリックス・金子

オリックス・金子【拡大】

 オリックスから5億円減の大減俸を提示されている金子千尋投手(35)が28日、球団に自由契約を申し入れた。長村球団本部長が「金子投手から今朝、自由契約の申し入れがありました。本人から電話で」と明かした。

 11月30日をもって球団の保留者名簿から外れ、12月2日に自由契約選手として公示される。

 球団は今季4勝(6敗)に終わった金子に対し、年俸6億円から野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超える5億円減の来季年俸1億円を提示。会談を重ねてきたが、折り合いが付かなかった。

 球団は自由契約後の残留を容認しており、同本部長は「その話を前からしていますので、きょうは申し入れがあったということだけをお伝えします。今後のことはまた考える」と説明した。条件を再度検討し、慰留を続けていく方針。

 プロ通算14年で通算120勝を挙げている金子に関しては、楽天が獲得に興味を示すなど、他球団との争奪戦に発展する見込みだ。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. 金子、球団に自由契約申し入れ オリックスは慰留継続