2018.11.28 05:03(1/2ページ)

阪神・矢野監督、来季“アワーズ・ジャック”指令!虎1軍受賞者0人に「悲しい」

阪神・矢野監督、来季“アワーズ・ジャック”指令!虎1軍受賞者0人に「悲しい」

矢野監督(中央)はファーム日本一に輝き表彰される。後列は左から島田、板山、青柳、伊藤和、福永(撮影・福島範和)

矢野監督(中央)はファーム日本一に輝き表彰される。後列は左から島田、板山、青柳、伊藤和、福永(撮影・福島範和)【拡大】

 来季はこんなもんじゃないぞ! プロ野球の「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」が27日、東京都内のグランドプリンスホテル新高輪で開かれた。阪神・矢野燿大監督(49)は2軍を率いてウエスタン・リーグ優勝とファーム日本一を果たして表彰されたが、今回は1軍の受賞者がなし。来季は“アワーズ・ジャック”に期待した。 

 矢野監督は2軍を率いてのウエスタン優勝、ファーム日本一でNPBアワーズの壇上に上がったが、1軍は2009年以来9年ぶりの受賞者なし。「寂しいね」と率直な思いを口にしたうえで反攻宣言をぶち上げた。

 「盗塁とか、とれそうなヤツはおるし。ホームランはちょっとすぐは…と思うけど、最多勝も後ろのピッチャーも、どうなるかわからへんし」

 具体的な名前こそ出さなかったが、脳裏には2軍でチーム1位の26盗塁を記録した島田や、秋季キャンプで「盗塁王を狙える」と指名した江越、植田らの姿を描いた。2016年に53盗塁を記録した糸井もいる。もっとも虎が近いタイトルだ。

 投手陣を見渡せば昨年は桑原、ドリス、マテオ(退団)がタイトルを獲得。メッセンジャーは今季11勝で、可能性はなくはなかった。過去に最多奪三振に輝いた藤浪らが巻き返せば、複数部門どころか“アワーズ・ジャック”も夢ではない。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・矢野監督、来季“アワーズ・ジャック”指令!虎1軍受賞者0人に「悲しい」