2018.11.28 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】経営の神様の哲学が虎再建ヒントに?

【虎のソナタ】

経営の神様の哲学が虎再建ヒントに?

特集:
虎のソナタ
矢野監督はウエスタン優勝の表彰を受ける。来年は1軍の指揮官として戻ってくるゾ

矢野監督はウエスタン優勝の表彰を受ける。来年は1軍の指揮官として戻ってくるゾ【拡大】

 要するに医学的な見地からは倫理上、タブーとされている『ゲノム編集』がついに実施されたらしい。

 え? 新聞編集なら毎日やってまっせぇ…だけどこの「ゲノム編集」はちょい深刻な問題なのだ。簡単にいいますと遺伝子の組み換えで人間が“神の領域”に手をつけ始めた…ということらしい。

 もちろん九州の高千穂峡あたりでナゾだらけの大量殺人事件…かと思えば自分の父親をコンビニに放置した事件。いくらなんでもいろんな事情があるのだろうが、なんか胸がつまる“事件”ばかりで、のんびりと「それにつけても阪神はどないなっとんねん…」とばかりボヤいてもいられない心境であります(逆にいえば、タイガースの心配がどれだけ『平和』で健康的かということなんです)。それと元貴乃花親方の「離婚」が実は『卒婚』であるというらしいが、そんなレンコン食ったことはないわけで、そしたら“逃婚(トウコン)”なんてのもあるのか。猪木さんに聞いてみたいヮ(俺は何をウダウダいってるんだろ…)。

 ま、世の中は千々に乱れることばかりでありますが、わが運動部長大澤謙一郎は別に誰に期待されているわけじゃないのに、18日には『神戸マラソン』42・195キロを走り、自己ベストの3時間51分25秒を記録。なぜか彼は思い詰めたように走るのは、前任者で現ゴリラ局次長稲見誠のまさか「ゲノム編集」遺伝子を受け継いだわけじゃないだろうな。

 そしてその“ゲノム部長”はその1週間後の25日、今度は『大阪マラソン』を走りまして、またしても3時間56分16秒で完走し、なんとゴールするや『ランナーズ』という雑誌の記者から取材されたらしい。こうなるとランナーズ・ハイを通り越して、ほとんど“恍惚の人”だぞ。そろそろ家族から見放されても知らねぇぞ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【虎のソナタ】経営の神様の哲学が虎再建ヒントに?