2018.11.28 18:02

オリ・金子、球団に自由契約を正式に申し入れ

オリ・金子、球団に自由契約を正式に申し入れ

特集:
移籍・退団・引退
オリックス・金子

オリックス・金子【拡大】

 球団側から5億円減の大減俸を提示されているオリックス・金子千尋投手(35)が28日、球団に対し、正式に自由契約を申し入れた。

 長村裕之球団本部長(59)が「金子投手から今朝、自由契約の申し入れがありましたことをお伝えします」と明かした。

 この日の朝、金子本人から電話があったという。今後は球団の保留者名簿から外され、12月2日に自由契約選手として公示される。

 今オフ球団側は金子に対し、今季年俸6億円から野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超える5億円減の来季年俸1億円を提示。金子には減俸を飲んでの残留か、同意せずに自由契約か、を選択することとなった。

 21日には金子自身が「自由契約を選択する可能性もある」と言及。25日のファン感謝イベント出席後には「自分のなかでは決まっています」と明かした。球団側とは会談を重ねてきたが折り合いが付かなかった。

 ただ、球団側は自由契約後の残留を容認。同本部長は「その話を前からしていますので、きょうは申し入れがあったということだけをお伝えします」と説明した。条件は再度検討される見込みだが、慰留を続けていくつもりだ。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・金子、球団に自由契約を正式に申し入れ