2018.11.28 16:47

バファローズポンタが緊急会見、オリックス残留「ファ(F)ンと歩(A)む」

バファローズポンタが緊急会見、オリックス残留「ファ(F)ンと歩(A)む」

部屋に入るときにドアで挟まるバファローズポンタ=大阪市北区(撮影・森田達也)

部屋に入るときにドアで挟まるバファローズポンタ=大阪市北区(撮影・森田達也)【拡大】

 他球団へ移籍かと注目を浴びていたオリックスの応援キャラクター、バファローズポンタが28日、大阪市内のホテルで緊急会見。来季もオリックスに残留することが決まった。

 MCがバファローズポンタのコメントメモを代読し、「僕バファローズポンタは来年も、バファローズの優勝のため、ファンの方と歩んできます。よろしくお願いします」とポンタの意志を伝えた。

 会見には西村監督も同席。「やきもきしたんですけど、来季も応援してくれるということでホッとしています。大変うれしく思います」と期待した。

 バファローズポンタは2016年からオリックスの応援キャラクターとなり、公式ツイッターなどでチームを応援中。ファンに大人気の存在だが、今月に入り、バファローズポンタがツイッターで「FA宣言か」とつぶやき、西武の本拠地である所沢や、DeNAの横浜などにいると居場所を発信し続けた。球団関係者は「来季も貴重な戦力として期待しています」とコメントしていたが、バファローズポンタ側とはまったく連絡が取れていない状況だったため、他球団と交渉か!? ファンだけでなく、球団側もやきもきする毎日だった。

 それが一転、この日にポンタが「本日球団を訪問」とつぶやき、急遽(きゅうきょ)会見が開かれることに。ポンタは「西村監督も皆さんも、FA宣言ってあのFA宣言と思っていなかったでしょうか?」と切り出し、「優勝を目指してファ(F)ンと歩(A)む。我ながら上手に出来たと思うのですが、誤解を与えてしまったのは僕の失敗です」と説明した。無事、残留にこぎ着け、直接交渉に乗り出したという指揮官も、球団もファンも一安心だ。

  • バファローズポンタの残留が決まり、笑顔で記念写真におさまるオリックス・西村監督=大阪市北区(撮影・森田達也)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. バファローズポンタが緊急会見、オリックス残留「ファ(F)ンと歩(A)む」