2018.11.28 05:02

オリックス・金子、自由契約へ 12月2日公示

オリックス・金子、自由契約へ 12月2日公示

特集:
移籍・退団・引退
オリックス・金子千尋

オリックス・金子千尋【拡大】

 球団から5億円減の大減俸を提示されているオリックス・金子千尋投手(35)が自由契約になる見通しであることが27日、分かった。

 金子は今オフ、今季年俸6億円から野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超える5億円減の来季年俸1億円を提示され、減俸を飲んでの残留か同意せずに自由契約かを選択する状況になっていた。

 21日には金子自身が「自由契約を選択する可能性もある」と言及。25日のファン感謝イベント出席後には「自分のなかでは決まっています」と明かしていた。球団側とは会談を重ねてきたが折り合いが付かず、12月2日に自由契約選手として公示される。

 ただ、球団側は自由契約後の残留を容認。条件は再度検討される見込みで、慰留を続けていく構え。金子に関しては楽天が獲得に興味を示すなど、他球団との争奪戦に発展しそうだ。

 2014年に沢村賞を受賞するなど日本球界を代表する右腕が、来季どこのユニホームを着るのか。注目が集まる。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・金子、自由契約へ 12月2日公示