2018.11.26 06:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】トホホ…eスポーツの中でも虎は…

【虎のソナタ】

トホホ…eスポーツの中でも虎は…

特集:
虎のソナタ
「eBASEBALLパワプロ・プロリーグ」に阪神選手として参戦中のプロゲーマー、ショーラ君

「eBASEBALLパワプロ・プロリーグ」に阪神選手として参戦中のプロゲーマー、ショーラ君【拡大】

 甲子園にあるタイガース球団事務所の駐車場。秋の穏やかな日差しを浴びながら、来年度のキャプテンが虎番記者たちに囲まれていた。時折、はにかみながら。和やかムードが実にいい。

 1978年の選手会長制定以降、選手会長が実質リーダーだったタイガースだが、2012年に和田豊監督がキャプテン制度を復活させた(同年は投手が藤川球児、野手が鳥谷敬)。そして今、糸原健斗へ。この選手の印象は◎。勝っても負けても、口数は少なくとも何かメッセージを発しようとしてくれる。ボクトツな中に芯がある。せっかくだから、歴史に残るキャプテンになってほしいもの。

 秋晴れの日曜日。阪神の新キャプテン発表以外にも、あちこちでイベントが目白押しだった。大相撲は貴景勝がハラハラドキドキの初優勝。その一方で虎番・箭内桃子は“虎の恋人”西勇輝を追いかけて京セラドームへ。オリックスのファン感謝イベント「Bsファンフェスタ」へ潜入だ。

 するとなぜか突然、至近距離からの“恋人”の写真を筆者のスマホに送りつけてきた。阪神のファン感謝祭では考えられない“近さ”だ。

 「しれっと並べば、私もサインをもらえそうでした」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【虎のソナタ】トホホ…eスポーツの中でも虎は…