2018.11.25 04:04(1/3ページ)

阪神、FA西と2度目交渉で猛アピール!甲子園は「投手有利」

阪神、FA西と2度目交渉で猛アピール!甲子園は「投手有利」

阪神は西と2度目の交渉。甲子園は投手有利だよ…と環境面を訴えた

阪神は西と2度目の交渉。甲子園は投手有利だよ…と環境面を訴えた【拡大】

 甲子園、メッチャええで! 阪神は24日、大阪市内のホテルでオリックスから国内フリーエージェント(FA)宣言した西勇輝投手(28)と2度目の交渉を行った。矢野燿大監督(49)は出馬しなかったが、谷本修球団副社長兼本部長(54)は甲子園が投手有利であることを強調。強敵ソフトバンクが立ちはだかる中、一定の成果をにじませた。

 六甲山の紅葉が眺められる甲子園のクラブハウスから、谷本球団副社長兼本部長らが出発した。向かった先は再び大阪市内のホテル。“恋人”西との2度目の交渉。わかりやすいフレーズを、かばんに詰め込んでいた。

 「帰ってきたところを(報道陣に)見られてしまったんでね。正直いうときょう会いました。小1時間ぐらいですかね」

 午後2時半頃、球団事務所に戻ってきた谷本副社長は柔和な表情で極秘交渉の一部を説明した。

 「お金の話は前回同様ほとんど出ず、こちらのアピールポイントというんですかね。甲子園はどちらかといえばピッチャーズパーク、投手に有利な球場がホームグラウンドですし」

 オリックス残留を除けば、ライバルはソフトバンクとDeNA。条件面は4年15億円超を提示しているとみられる鷹に及ばないが、優位に立てるポイントもある。それは甲子園の“広さ”だ。

【続きを読む】

  • 広い甲子園は投手有利な球場。西の持ち味も生かせるはず
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、FA西と2度目交渉で猛アピール!甲子園は「投手有利」